高い効果

正常な発育に必要不可欠な葉酸

赤ちゃんがお腹にいる時はどんな栄養を吸収するかが重要になってきます。
吸収する栄養をしっかり働かせることによって赤ちゃんの成長につながるのです。
「葉酸」は人の発育にとても重要な働きをします。では、どのように働くのか見ていきましょう。

水溶性のビタミンである「葉酸」はビタミンB群の一種です。
細胞の代謝を促す働きをしており、細胞の生成を助けてくれます。
細胞が絶えず生成を繰り返すことにより人間の身体は成長していくのです。
ですので、妊娠中に特に摂取を進められている栄養素です。
妊娠中に葉酸が足りないと、赤ちゃんの発育が不十分になり、神経系に障害が生じ、生まれてからも手術が必要になったり障害を抱えて生きていかなくてはならないというリスクが高まるのです。
また、妊婦さんも巨赤芽球性貧血という悪性貧血にかかってしまいます。
妊娠中でなくても赤ちゃんを望む女性はこの葉酸を摂取していた方が貧血も防げ、妊娠しやすい身体になるでしょう。

さらに循環器系の健康を保つので脳卒中や心筋梗塞といった病気を防ぐことも出来ます。
しかし葉酸は、体内で生成することが可能なのでめったに不足には陥りませんが、妊娠時や喫煙している人、お酒を多く飲む人は欠乏してしまいがちですので気を付けて摂取していかなくてはなりません。

葉酸の一日に必要な量は200μg(マイクログラム)ですが、妊娠時は400μg必要になってきます。レバーやほうれん草、ブロッコリーなどに多く含まれますが、毎日400μgを摂取するとなると相当な量の野菜を食べなくてはなりません。
そのような時はサプリメントを利用すると一日に必要な量を手軽に摂ることができます。
また、水溶性ですので体外に排出されやすいので毎日欠かさず摂取することをおすすめします。

葉酸は、身体の発育にとってとても重要な栄養素です。
赤ちゃんやお母さんのみならず成人した人間にも病気の予防など素晴らしい効果が期待できます。
サプリメントや普段の食事で積極的に摂取していきたい栄養素ですね。