高い効果

葉酸と赤血球の関係性

貧血は女性を悩ます最も多い症状です。
女性には月経や妊娠・出産などがあり男性よりも血を失いやすいからです。
貧血を甘く見て放っておくと身体がうまく機能しなくなります。
そんな時に効果的なのが「葉酸」の摂取です。

貧血とは、血液中の赤血球の濃度が低下することです。
血液の主成分である赤血球が不足すると、全身に酸素が行きわたりません。
少し運動しただけでも息が切れたり、疲れを感じたりします。
めまいや頭痛、ダルさを感じる時もあります。
また、皮膚も青白くなり、目の下にクマが目立ってメイクをしても隠しきれなくなります。
また、栄養素を運ぶ役割もあるので、栄養が行きわたらずに全体的にも生気が感じられなくなります。

また、鉄分不足で起こる貧血とは違う悪性貧血というのがあります。
これは、赤血球のもとである赤芽球の分裂が上手くいかず、赤血球が死んでしまい、血の役割を果たさないことから引き起こされます。
どちらにしろ、身体に力が入らなくなるのは同じです。

そこで赤血球と大きく関係してくる「葉酸」の出番です。
葉酸は、ビタミンB12と助け合って働き、正常な赤芽球と赤血球の生成を促してくれるのです。
そのため、特に悪性貧血に効果があります。
ただし、葉酸だけ摂取しても吸収が悪く上手く働きません。
先ほど挙げたビタミンB12など、吸収を助けてくれる栄養素と摂るのが効果的です。
同じく貧血予防に効果的な鉄分が一緒に配合されたサプリを飲むと万全です。

また、ホウレンソウなどの緑黄色野菜、レバーにも葉酸が豊富に含まれています。
野菜やレバーが苦手な人はアボカドやマンゴー、イチゴなどの果実類、納豆やナッツなどからも摂取できるのでそちらを利用するとよいでしょう。
食品からの摂取は身体に蓄積されにくいのであまり神経質になる必要はありませんが、サプリや薬で摂る場合は大量に摂ると皮膚炎や蕁麻疹、神経障害、発熱などが副作用として出てきますので注意して下さい。"

貧血は症状が重くならないと気づきにくい疾患です。
症状が無いからと言って大丈夫とは限らないのです。
普段から体調には気を配りどんな変化も見逃さないことです。
血液を元気にする食品や葉酸を利用して貧血知らずな毎日を送りましょう!