高い効果

妊娠中の摂取は気を付けた方がいい?

妊娠中に摂取したほうがよい葉酸の摂取量は一日に400μg以上です。
通常時の約二倍にあたり、サプリメントなどで摂取している妊婦さんも多いと思われます。
しかし、妊娠中は特別な期間です。
葉酸を摂るにあたり気を付けることはあるのでしょうか?

なぜ妊婦さんは葉酸が必要かと言うと、体内にいる胎児の神経管閉鎖障害のリスクを減らすためです。
神経管閉鎖障害とは、先天性の異常で、脳や脊髄が正常に形成されない障害のことを言います。
こうなると、手術が必要だったり、障害のために生涯にわたりリハビリが必要になったり、流産死産のおそれもあるのです。
特に妊娠初期は器官・内臓などを形成する時期で、葉酸が不足するとその形成が不十分になりこのような障害を引き起きすのです。
ですから正常な胎児の発育と出産のために、国を挙げて葉酸の摂取を呼び掛けているのです。
妊娠1か月前から妊娠3ヶ月までが摂取の目安期間になっています。
もちろん、そのまま摂取を続けていても構いません。
妊娠中によく起こる貧血予防や口内炎の予防にもなります。

サプリを選ぶときは、鉄分やカルシウムが含まれている製品を選ぶと相乗効果があり身体を健康に保ってくれます。
しかし、サプリ以外の食品から採るときは、葉酸の他にどのような成分が含まれているかをしっかりチェックして下さい。
妊娠中に過剰に摂取してはいけない栄養素にビタミンAがあります。

過剰摂取すると奇形の発生率が高くなります。
食品は自然な形で摂れることがメリットですが、妊娠中には危ない栄養素も含まれています。
過剰摂取にならないよう、その食品はなるべく避けるか、調節していくことが大切です。
サプリメントに関しては、一日の摂取量400μg(マイクログラム)さえ守っていればあまり心配することもないでしょう。

葉酸を摂取する際気を付けることはありますが、よほどでない限りいらない分は体外に排出されます。
一日の摂取量を守り、バランスのよい食事をすることによって妊娠中の体調管理を万全にし、赤ちゃんの健康を守りましょう。
また、葉酸は髪にも良いので女性にはとても嬉しいですね。