高い効果

鶏レバーの葉酸含有量

焼き鳥屋さんの定番メニューである鶏レバー。
濃厚な味で好きな人にとってはたまらない味です。
貧血予防にも効果のあるレバーですが、実は妊婦さんは食べる量を気を付けなくてはならない食材であることをご存知でしたか?

鶏レバーには「葉酸」が豊富に含まれています。
葉酸は妊婦さんにとって必要不可欠な栄養素で、積極的に摂取するよう母子手帳にも記載されているほどです。
元気な赤ちゃんを産むために、せっせとサプリメントや食品から摂取している人も多いのではないでしょうか。
鶏レバーの葉酸含有量は100gで1mgと非常に多いのです。
一日の必要摂取量は妊娠時で400μg(マイクログラム)ですので、少量で一日分の栄養素を軽く超えてしまいます。

鶏レバーが好きな妊婦さんもいるでしょうから好物で葉酸が簡単に補えると大量に食べてしまう人もいるかもしれませんが、ちょっとまって下さい!
実は、鶏レバーには葉酸の他にもビタミンAが多く含まれています。
ビタミンAは鶏レバーに100g中14000μg(マイクログラム)含まれています。
ビタミンAは粘膜や皮膚の健康にし保護する働きのある栄養素です。
人間にとって必要な栄養素ですが、妊娠時に過剰摂取すると生まれてくる赤ちゃんが奇形児になるリスクが高いので、摂取量を制限されているのです。
一日に7800μg以上摂るとその可能性が高くなるので、鶏レバーを一食に加えただけですぐに超えてしまうのです。

葉酸は水溶性ビタミンであり、尿と一緒に外へ排出されるので過剰症をあまり心配する必要はありませんがビタミンAは脂溶性ビタミンで摂ればとるほど身体に溜まって行くのです。
鶏レバーを食べる際には大量に食べないように気を付けたほうがよいでしょう。

食品に含まれる栄養素は一つではありません。
葉酸が多く含まれているからと言って多量に食べていると他の栄養素も蓄積されていきます。
他にどんな栄養素が含まれているかチェックし、機能や危険性も考慮しながら食事をとりましょう。